2011年01月24日

いもこ2号の悲劇


いもこ1号〜5号

私は、生粋のインドア派なので、生の昆虫を見る機会は殆どありません。
毎年、ベランダの夏みかん、すだちから、アゲハの幼虫を拉致・観察するのが、数少ない楽しみです。(拉致しないと雀に全部食べられてしまう)
しかし、私は重度ヌケサク。毎回、何かしら失敗します。

昨年は、いもこ2号の羽化を暴力的に邪魔しました。
羽化の瞬間をビデオ撮影しようとして、飼育ケースの中にカメラを落っことし、衝撃でいもこ2号は落下。何とか掬い上げたものの、いもこは私の身体を這い上り、あろうことか顔の上で翅を伸ばし始めたのです。
最終的には無事旅立つことができ、心底安堵しましたが、しかし、神秘のメタモルフォーゼを、このブサ顔の上で行うことになろうとは、いもこ2号よ、何たる不幸か……。
posted by aa at 12:28| 雑記

2011年01月11日

クライドルフの絵本

エルンスト・クライドルフ(1863〜1956)は、スイスの画家・詩人です。
美しく愛らしく、極めて忠実に、虫を擬人化して描いた稀有の作家と思います。
私は、伊藤若冲とともに神と崇めているのですが、若冲の人気に比べクライドルフは……。
日本で出版された本は、ほぼ絶版。こんなに、こんなに、素晴らしいのに!!!
しかし、長らく在庫切れだった『くさはらのこびと』が、現在Amazonで入手可能です。
『ふゆのはなし』とともに、2009年に限定再版されたとのこと。この機会にぜひ1冊!

クライドルフの絵は、長野県の小さな絵本美術館で見ることができます。
こちらの美術館は、日本最多の所蔵量ではないでしょうか。クライドルフ展は、何度も開催されています。(最近では2010年5月〜7月)
クライドルフ本を多数所持されている方のブログ、クライドルフの虫眼鏡にも、詳しい記事や絵がたくさんあります。

以下、私の所持本です。書影下に虫中心の簡単な紹介文を記しました。
(特に記載のないものは、文も絵もクライドルフ。下段()内は、スイスでの初版年)

くさはらのこびと (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)くさはらのこびと (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)
(1970/09/05)
エルンスト・クライドルフ

商品詳細を見る(Amazon)
★小人と一緒に暮らしているバッタが、小人の家の草屋根をばりばり食べたり、馬がわりになって小人を乗せたり馬車になったりする。バッタは、擬人化されておらず、あくまでただのバッタであるところが面白くて好き。(1902年)

ふゆのはなし (世界傑作絵本シリーズ・スイスの絵本)ふゆのはなし (世界傑作絵本シリーズ・スイスの絵本)
(1971/03/30)
エルンスト・クライドルフ

商品詳細を見る(Amazon)
★3人の小人が、「白雪姫と7人の小人たち」に会いに行き、楽しく遊ぶ話。白雪姫は、果たして現世の人なのか。不思議な味わいの作品。虫は出てこないが、冬景色の中の白雪姫と小人達、氷の精、小鳥やリスの絵が夢のように美しい。(1924年)

以下は、表紙をスキャンしたものです。(画像クリックで大きく表示)
※絶版、海外出版物が主なので、著作権利用許可の申請はしていません。続きを読む
posted by aa at 01:11| 雑記

2011年01月06日

近藤聡乃さん展覧会

はこにわ虫はこにわ虫
(2004/11)
近藤 聡乃

商品詳細を見る(Amazon)

虫派アーティストの輝く星、近藤聡乃さんの展覧会へ行きました。
文化庁の新進芸術家海外研修制度を受けて活躍中のアーティスト、12名の展覧会です。

近藤さんのアニメーションを初めて見た時、あまりの素晴らしさに言葉を失い、PCの前で硬直したのをよく覚えています。
その後、何度か個展にお誘い頂いたのですが、強度引きこもりのため出掛けることができず、このたびようやく大きな画面で、じっくり拝見することができました。
今回、上映されているのは、『てんとう虫のおとむらい』。
素晴らしかったです。ブラボー!
あの印象的な音楽をふがふが口ずさみながら家路を辿りました。

アニメーションだけでなく、油彩作品、多数の鉛筆画スケッチも展示されています。
スケッチの細く美しい線には、ヨダレが垂れるほどの陶酔感を得ました。
 KONDOH AKINO-box office- (近藤聡乃さんのサイト)

尚、神戸智行さんの作品も、虫がいっぱいで、たいへん興奮しました。

……………………………………………………………………
DOMANI・明日展
<期間> 2010年12月11日〜2011年1月23日
<場所> 国立新美術館
……………………………………………………………………

『てんとう虫のおとむらい』ダイジェスト版。(ご本人によるYouTube投稿作です)

posted by aa at 10:17| 雑記

2011年01月01日

2011年元旦



本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

今年の年賀状の絵です。(昨年31日に描きました…汗;)
おカイコさんて、なんとなくウサギに似ているような気がしたのです。

私の活動状況についてお問い合わせを頂きましたので、以下に去年の分を記します。
年の大半、休眠してますが、今後も何かありましたら記したいと思います。続きを読む
posted by aa at 01:01| 雑記