2013年01月20日

多摩動物公園 昆虫生態園


リュウキュウアサギマダラ

冬になって、どこに行っても虫を見つけられず、寂しくてたまりません。
冬の昆虫フユシャクを探し歩き、夜行性とわかって夜の公園へ出かけ、ブンブン飛んでいるのを目撃して満たされたりもしましたが、しかし、圧倒的に昆虫成分が足りない!
そんなわけで、多摩動物公園の昆虫生態園へ出かけました。
南国さながらの温室に大量の蝶がピラピラ舞い踊り、幼虫やサナギやバッタもウヨウヨ。
天国とは、きっとこんなところでありましょう。
このような神の楽園を作り、維持管理されている天使様方に心の底から感謝する次第です。

温室を設計した会社のホームページ(日本設計)を拝見したら、「蝶の幸福のために」(引用)との言葉があり、感動しました。設計者の方々がこぞって「蝶の幸福」を考えたのです。生物は自然環境下にあってこそ美しいという考え方もありますが、人間が蝶の幸福を考えることも、また美しいと思います。

以下、写真です。続きを読む
posted by aa at 17:00| 雑記

2013年01月19日

夏ミカン収穫


夏ミカンの木

イモコ(アゲハ)用夏ミカンの木に実がなりました。
今年は8コ、過去最多です!
全然ならなかったり、実ができても台風で落ちてしまう年が多いので、ものすごく嬉しいです。
イモコを育て、人間にもおこぼれをくれるミカンの木、なんてすばらしいんでしょう!

本来、夏ミカンの収穫期はもっと先なのですが、寒害による落果が恐いので、新年にもぐことにしています。生で食べる場合は、春まで貯蔵し熟成させるそうです。ジャムなどにする場合、今の時期の実でも問題なく作れます。



8コの内、5コでオレンジピール(皮しか使わないので中身は蜂蜜漬けに)、2コでマーマレードを作りました。残り1コは、木に残してあります。
ちなみに私は、料理に熱心なタイプでは全然なく、それどころか、できれば一生何も作りたくないと思っているズボラ王ですが、収穫の喜びは、どんな怠惰にも打ち勝つ力があるようです。
posted by aa at 16:45| 雑記

2013年01月17日

ベランダに来る鳥


メジロ/まんまるくてちっちゃくて、すごく可愛い!

※写真は、飛散防止シートを貼ったガラス越しに撮っているので、汚れなどあります。

虫が見つからない冬の間は寂しいので、野鳥用のごはんをベランダに置いています。
例年、ヒヨドリが来ますが、今年は、メジロが日に何度もやって来ます。

いつも来る夫婦(多分)

ヒヨドリは、秋から時々偵察に来ていましたが、本格的にうちのごはんを食べ始めたのは、一昨日(1月15日)からです。

グレープフルーツ丸呑み

乱暴者だが結構可愛い

去年は、2月から4月まで一羽のヒヨドリが毎日やって来て、ずーっとベランダで居眠りしていました。近づいても逃げないし、長い時で5時間くらい寝ていました。他の子に比べ何となくみすぼらしいモショモショした姿なので、モショくんとあだ名をつけて、毎日来訪を楽しみにしていました。今年も来てくれたらいいな。

モショくん(目をつぶって寝ています)

<オマケ>
うちのミロくん。ネズミガシラハネナガという種類の中型インコです。
とても頭が悪くて、とても臆病で、時々凶暴です。
可愛く撮れた写真は、一枚もありません。

足で持っているのは、自ら破壊した楊枝の残骸です。
posted by aa at 16:14| 雑記

2013年01月15日

クリップ(チョウ)



MIDORIのディークリップス動物シリーズ、いつの間にか虫物が出ていました。
初めてこのシリーズを見た時は、おおお! となって、アヒルやペンギン、カメ、ワニ、トリ、ウサギ、クジラとガンガン買ったものです。

ところで、クリップだけに限らず、細々した雑貨類をそんなに買ってどうすんだ、とよく言われるのですが、本当にどうするんでしょうか。
欲しいとなったらどうしても欲しいわけで、そこはどうにもならないのであります。
posted by aa at 17:32| チョウ・ガ

2013年01月12日

箸(アリ)




象嵌縞黒檀のアリンコ箸です。
箸ギャラリー門というお店で購入しました。トンボや蝶やトカゲや瓢箪など素敵なお箸がいっぱいあって、全部欲しかったのですが我慢しました。また行きたいです。
posted by aa at 16:27| アリ・ハチ

2013年01月01日

2013年



あけましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

今年の年賀状の絵です。
巳年ということで、蛇に似た模様のイモイモたちです。
クロアゲハから時計回りに、オオゴマダラエダシャク、ビロードスズメ、クロアゲハ、ツマベニチョウ、キョウチクトウスズメの幼虫です。
壺の柄は、幼虫の食草です。
家族もこの年賀状を使用しているのですが、「キモチ悪い!」と言っていました。
イモ嫌いな人は、ギャーッてなるかも。新年早々すみません…。

昨年は、単行本の挿絵のお仕事を一ついたしました。発売になりましたら詳細を記します。
他は、何もしていません。ダラダラしている内に人生初の入院手術を経験し、完治しても療養と称し更にダラダラしていました。
人生の残り時間も少なくなってきましたので、そろそろ気合いを入れたいものでございます。
posted by aa at 09:19| 雑記